このページの先頭です

目的からサービスを探すメニューへ

home » 情報統括本部について » 刊行物 » ITだより » 2016年 春号

刊行物

ITだより 2016年 春号

標的型メールにご注意!

大学職員および学生あてに標的型メールがたくさん届くようになりました。標的型メールは、従来のフィッシングメールとは異なり、文面やサブジェクトに違和感のない日本語が用いられているため目視では気が付かず、また亜種が次から次へと作られているためウイルス・スパムメールサービスで検知されにくいという問題があります。

サポートが終了したOSを使用している機器の通信制限について

本学では、セキュリティポリシー(https://www.sec.kyushu-u.ac.jp/sec/policy/policy4.pdf)に従って、サポート終了OSによるネットワーク通信の制限を実施しています。

全学基本メール関連サービスの 内容変更に関する紹介1

全学基本メールサービスで提供している各種サービスについて、昨年度より容量拡大や内容に変更等がありましたので、まとめて紹介します。

全学基本メール関連サービスの 内容変更に関する紹介2

職員用ファイル共有システム(archive)について、当初一人あたりの保存容量を 10GB で運用してきましたが、システム全体の利用状況・利用傾向から判断し 2015年5月より容量を 20GB に拡大しています。

eduroamサービスの 利用開始!

平成28年4月から、九州大学構内においてeduroam を利用することができるようになります。

Windows 10 Education Office Professional Plus 2016 提供中!

九州大学では、マイクロソフト社との間で締結した Microsoft Enrollment for Education Solutions(EES)契約に基づき、マイクロソフト社製品の提供サービスを行っており、九州大学の教職員・学生は常に最新のバージョンを利用できます。

Last Update : 2017.11.22 10:42 - (JST)
このページの先頭へ