このページの先頭です

目的からサービスを探すメニューへ

home » 情報統括本部について » 刊行物 » ITだより » 2015年

刊行物

ITだより 2015年

フィッシングメールにご注意!

最近、大学職員あてにフィッシングメール(情報を盗もうとする詐欺メール)がたくさん届いています。フィッシングメールに対応すると、IDやパスワードの漏洩につながりますので、このようなメールには絶対に対応しないでください

IC職員証の更新とその際の注意事項について

九州大学の全構成員(学生番号所有者およびSSO-KID所有者)に提供してきた「全学基本メール」のシステムを2014年3月に全面更新しました。新システムの大きな目標は,大容量化・安定運用・経費削減の三つです。

情報統括本部ではISMS(ISO27001 2013年版)の認証を更新しました

学生用と職員用に分かれていた利用者ID(利用者アカウント)管理システムを統合しました。導入費および保守費の削減と,利用者アカウントデータの信頼性向上が実現できました。

全学基本メールの保存容量拡大と新ウェブメールの提供

部局で運用しているメールサーバやウェブサーバの面倒なセキュリティ対策が、情報統括本部のホスティングだと不要です!

WiMAX2+アクセス環境を構築

全学シラバスでは、部局ごとにサーバを整備せずにシラバスを提供することができます。 統一したシステムのため、部局を またがって検索等も可能です。

図書館学習サポーターによるITサポート

九州大学では、マイクロソフト社との間で締結した Microsoft Enrollment for Education Solutions(EES)契約に基づき、マイクロソフト社製品の提供サービスを行なっており、九州大学の教職員・学生は常に最新のバージョンを利用することができます。

Last Update : 2015.07.22 15:12 - (JST)
このページの先頭へ