このページの先頭です

目的からサービスを探すメニューへ

home » 情報統括本部について » 刊行物 » ITだより » 2012年 春号 » 京コンピュータ互換機と大規模クラスタシステムが稼働します

ITだより

京コンピュータ互換機と大規模クラスタシステムが稼働します

新聞等でも紹介されましたとおり、7月より新スーパーコンピュータシステム Fujitsu PRIMEHPC FX10が、9月より新高性能演算サーバシステム Fujitsu PRIMERGY CX400/CX250 S1 が、それぞれ運用を開始します。

このうち Fujitsu PRIMEHPC FX10は、2011年11月にスーパーコンピュータの性能を比較する2つの代表的な国際指標である Top500と HPC Challengeの双方で世界最高速を達成した理化学研究所の「京コンピュータ」と互換性の高いハードウェアとソフトウェアによる計算機であり、性能面でも非常に近い特性を有しています。そのため、高い並列計算性能と信頼性を活かした高並列計算プログラムの計算環境として、また、京コンピュータでの大規模計算に向けたプログラム開発環境として、活用して頂けます。

新スーパーコンピュータシステムの概要


Fujitsu PRIMEHPC FX10
演算ノードCPU: SPARC64IXfx (16core)
主記憶: 32GB
ネットワークTofuインターコネクト (6次元メッシュ/トーラス)
ノード数768
理論ピーク性能181.6TFLOPS
ディスク230.4TB
言語Fortran, C, C++
ライブラリMPI, SSL II, FFTW, BLAS, LAPACK, ScaLAPACK

一方 Fujitsu PRIMERGY CX400/CX250 S1は、3月~5月に順次運用を停止する現有のスーパーコンピュータシステムや高性能演算サーバシステムに近い、PCクラスタ型の並列計算機です。最新の Intel SandyBridge-EPアーキテクチャの CPUを搭載し、ノード間のインターコネクトネットワークにも最新の InfiniBand FDR を用いることにより、小規模から大規模まで幅広い計算に活用して頂けます。また、各種アプリケーションや、Exceed on Demand等による遠隔可視化にも対応しており、従来よりも効率の良い利用が可能となっています。

新高性能演算サーバシステムの概要


Fujitsu PRIMERGY CX400/CX250 S1
演算ノードCPU: SandyBridge-EP (16core)
主記憶: 128GB
ネットワークInfiniBand FDR (6.78GB/s)
ノード数1476
理論ピーク性能510.1TFLOPS
ディスク4PB
言語Fortran, C, C++, Java
ライブラリMPI, SSL II, FFTW, BLAS, LAPACK, ScaLAPACK
ソフトウェアGaussian, CHARMM, Molpro, MSC.Marc, NAG Library
ANSYS CFX, SCIGRESS, FIELDVIEW, AVS/Express Viz
MATLAB, AMBER11, IDL, 等

今後、これらのシステムの利用に関する各種情報とともに、試験運用や利用講習会などのイベントについてもお知らせしていきますので、研究用計算機システムのサイトをご覧ください。

サイト
HPC事業室
tel
092-802-2683
e-mail
request[at]cc.kyushu-u.ac.jp
Last Update : 2016.12.14 14:50 - (JST)
このページの先頭へ