このページの先頭です

目的からサービスを探すメニューへ

home » 情報統括本部について » 刊行物 » ITだより » 2012年 秋号 » SSO装置とマトリックス パスワード認証装置を統合

ITだより

SSO装置とマトリックス パスワード認証装置を統合

SSO環境とマトリックスパスワード認証の統合

 情報統括本部では、一度の認証で、複数の情報サービスを利用できる、SSO(シングルサインオン)環境を2010年から整備してきました。2011年度から全国の「学術認証フェデレーション(学認)」にも参加し、電子ジャーナルなど、様々な商用サービスで、学内の全学共通IDとの連携を実現してきました。  一方、成績登録などのセキュリティを重視するサービスのために、2010年からマトリックスパスワード認証装置(QMAX)を提供してきました(職員のみ)。QMAXは、ネット銀行などでも使われている強固な認証方式を用いているため、重要サービスでも安心して利用できます。

今年度、二つの統合した機能を持つ装置が開発されました。その装置を、全国に先駆けて九州大学へ導入します。既にSSOに対応済のサービスでは、今までと同様の使い方で利用できます。一方、今までシングルサインオンができていなかったWeb系情報サービスも、本装置の導入によりSSO対応が可能となります。

(図)SSO環境とマトリックスパスワード認証の統合

サイト
認証基盤事業室
tel
092-802-2690
e-mail
id-room[at]iii.kyushu-u.ac.jp
Last Update : 2016.12.14 15:18 - (JST)
このページの先頭へ