このページの先頭です

目的からサービスを探すメニューへ

home » 情報統括本部について » 刊行物 » ITだより » 2010年 春号 » 全学基本メールサービスの容量が増えました

刊行物

ITだより

全学基本メールサービスの容量が増えました

2009年12月3日より全学基本メールサービスのスプール容量,保存期間を増大しました。

スプール容量
300MB (以前は100MB)
保存期間
60日(以前は30日)

情報統括本部は,職員の基本的な電子メール環境として,全学基本メールを提供しています。重要事項の連絡(事務連絡,自然災害,インフルエンザ連絡等)は,全学基本メールの宛先に送られます。定期的に見るか,常用するアドレスに転送するようにお願いします。

さて,2009年7月1日の運用開始から5ヶ月が経過した2009年11月に利用状況を調査いたしました。その結果,転送利用者が多いため,メール保存ディスクの使用量に当初の見込みよりも余裕があることがわかりました。そこで利用条件を見直した結果,上記のようにスプール容量と保存期間を増大することにいたしました。

担当
全学基本メールタスクフォース
tel
092-802-2682
e-mail
query[at]m.kyushu-u.ac.jp
Last Update : 2011.02.24 16:00 - (JST)
このページの先頭へ