このページの先頭です

目的からサービスを探すメニューへ

home » 情報統括本部について » 刊行物 » ITだより » 2010年 春号 » SSO-KIDでアカウント有効化機能が追加されます

刊行物

ITだより

SSO-KIDでアカウント有効化機能が追加されます

SSO-KID・全学共通IDとは

九州大学全学共通IDは,学内の様々な情報サービスで共通に使える利用者IDです。職員向けの全学共通IDが,「SSO-KID」で,学生向けの全学共通IDは,「学生ID」です。学生IDは学生番号(学籍番号)に基づくものになっています。現在,全学向けの様々な情報サービスで,全学共通IDによる認証が行われるようになっています。

SSO-KIDの有効化(アクティベイト)とは

従来,職員向けのSSO-KIDでは,IDとパスワードが渡された直後から利用者認証に使えるようになっていました。SSO-KIDカードおよびパスワードは,対面による本人確認後に手渡し配布をしていたため,セキュリティ上の問題はありませんでした。一方,長期海外研修や,事務部門とは異なるキャンパスに勤務する人などは,手渡しによるSSO-KIDカードの配布ができず,そのため全学向け情報サービスが使えないといった問題がありました。

この問題を解消するためアカウントの有効化を行う機能を導入しました。新任者やSSO-KIDカード紛失者が,SSO-KIDカードを発行(再発行)された場合,アカウントの有効化を行います。アカウントの有効化は,パスワード変更と同じサイトで行います。パスワード変更のサイトで,「アカウント有効化」をクリックし,ページの指示に従って,自分のSSO-KIDや初期パスワードなどを入力ください。

担当
全学共通認証事業室
tel
092-802-2690
e-mail
id-room[at]iii.kyushu-u.ac.jp
Last Update : 2011.02.24 16:00 - (JST)
このページの先頭へ