このページの先頭です

目的からサービスを探すメニューへ

home » 情報統括本部について » 組織 » 事業内容・ミッション・事業計画 » 平成29年度 » ソフトウェア事業室

組織

ソフトウェア事業室

事業室のミッション

コモディティソフトウェア( 社会で広く利用されているパソコンのソフトウェア)のキャンパスライセンスの提供およびライセンス管理を行う。

事業計画等

(1)マイクロソフト教育機関向けライセンスプログラム(EES:Enrollment for Education Solutions)

サービス内容
本学とマイクロソフトとの教育機関向け総合契約( EES 契約)に基づき, 次に示すマイクロソフト製品の利用(ソフトウェア使用許諾権) を本学構成員(学生,職員,名誉教授)に提供する。
(1)マイクロソフト Windows OS
  • Windows 10 Education(アップグレード)
  • Windows 8.1 Pro/Enterprise(アップグレード/ダウングレード)
  • Windows 7 Professional/Enterprise(アップグレード/ダウングレード)
(2)マイクロソフト Office
  • Microsoft Office Professional Plus 2016
  • Microsoft Office Professional Plus 2013
  • Microsoft Office Professional Plus 2010
  • Microsoft Office 2016 for Mac
  • Microsoft Office for Mac 2011
(3)マイクロソフト Core CAL(Client Access License)
  • Microsoft Windows Server CAL
  • Microsoft Exchange Server CAL
  • Microsoft Share Point Portal Server CAL
  • Microsoft System Center Configuration Manager CML
  • System Center Endpoint Protection CAL
  • Lync Server Standard CAL
対 象
インストール対象PC
  • 大学が所有(買取、レンタル、リースを含む)するPC(台数制限なし)
  • 本学の学生・職員・名誉教授が所有する個人PC(1人1台に制限)
将来ビジョンと平成29年度の計画
(1)オンラインインストールサイトの維持管理
ソフトウェアのインストール用ファイルを配布するインストールサイトの維持管理を行う。
(2)ライセンス管理システムの維持管理
マイクロソフトから一括取得したプロダクトキーの登録、および構成員からの申請によりプロダクトキーを配布するシステムの維持管理を行う。
(3)教育機関向け総合契約(EES契約)(調達件名「ソフトウェア使用許諾権」)の政府調達
次年度の事業計画の準備として,教育機関向け総合契約(EES契約)の政府調達を行う。また、当該契約のオプションである Microsoft Office 365 の契約(無償)を行う。
(4)マイクロソフト Core CAL(Client Access License)の有効活用
(5)イマジンアカデミー(マイクロソフト社が運営する e-learning サービス)について運用担当と協力して実施する。
(6)新しいバージョンのソフトウェアの提供
(7)Microsoft Imagine サブスクリプション(教育・研究目的で利用するサーバOSやVisualStudio等のソフトウェアが無償で利用できるサービス)のサービスを提供する。

(2)セキュリティ対策ソフト提供サービス

サービス内容
本学とシマンテックとのアカデミックサブスクリプションプログラム契約に基づき、シマンテック社製Endpoint Protection の利用(ソフトウェア使用許諾権)を本学構成員(学生・職員・名誉教授)に提供する。
対象
インストール対象PC
  • 大学が所有(買取、レンタル、リースを含む)するPC(台数制限なし)
  • 本学の学生・職員・名誉教授が所有する個人PC(1人1台に制限)
将来ビジョンと平成29年度の計画
(1)オンラインインストールサイトの維持管理
セキュリティ対策ソフトを配布するインストールサイトの維持管理を行う。
(2)新しいバージョンのソフトウェアの提供
特記事項
シマンテック社のアカデミックサブスクリプションプログラムが今回の更新までで廃止となるため,新たな包括契約を検討し実施する。なお,新たなサービスへの移行について説明会等を開催する予定である。また、利用者の移行期間を考慮し,年末までに提供を開始する。( 半年間程度の,現行サービスとの並行運用期間を設ける。)

(3)アドビシステムズ製品の教育機関向けCLP購入割引サービス

サービス内容
本学とアドビシステムズ社との教育機関向けCLP(Adobe Open Options Contractual LicenseProgram(CLP) For Education Membership)契約に基づき,Adobe AcrobatやAdobe Photoshopなどのソフトウェア製品を割引価格で購入できる制度を提供する。
対 象
大学が所有するPC
将来ビジョンと平成29年度の計画
(1)オンラインインストールサイトの維持管理
(2)平成29年11月30日に契約が終了するCLPの更新契約を行う。

備 考

ボリュームライセンス化が可能なソフトウェアの拡充を検討する。

Last Update : 2018.02.13 11:14 - (JST)
このページの先頭へ