このページの先頭です

目的からサービスを探すメニューへ

home » 情報統括本部について » 組織 » 事業内容・ミッション・事業計画 » 平成29年度 » Office 365 導入タスクフォース

組織

Office 365 導入タスクフォース

タスクフォースのミッション

クラウド版のグループウェアであるマイクロソフトのOffice365を全学的に活用することにより、学習機会の拡大、教育環境の改善、業務の効率化等を図る。その機能活用に向けた整備、検証、運用を行う。

平成29年度活動計画

(1)Office 365 利用者のアカウント管理

サービス内容

九州大学の全構成員のOffice365の利用者登録、ライセンス割り当て、初期パスワードの発行など、Office365の利用に必要なアカウント管理を行う。構成員情報は、認証基盤事業室の全学共通ID管理システムと連携する。

対象
全構成員(職員・学生・九州大学の活動への公的参加者
将来ビジョンと29年度の計画
全学共通ID管理システムと連携し、Office365の適切な利用者管理を行う。

(2)Office365の機能活用

サービス内容

関係事業室と協力し、Office365の以下の機能活用に向けた整備、検証、運用、および広報活動を行う。

①Office365機能(Skype for Business/SharePoint/OneDrive/ProPlus/他)、ITアカデミー等の活用
②Office365の利用者ポータルサイトの整備・運用、マニュアルの整備
③Office365の関係システムの整備(機能設計を含む)
対象

全構成員(職員・学生・九州大学の活動への公的参加者)

将来ビジョンと29年度の計画

Office365アプリケーション(Skype for Business,ProPlus 等)の利用促進を 図る。そのための活用事例を作成し、掲載する。また、機密情報および個人情報をよりセキュアに保護するために、Office365のID認証による暗号化ソフト(Azure Rights Management (Azure RMS))を用いた試験運用を行う。

備考

これまでタスクフォースとして活動してきたが、概ね運用が安定してきたこと、サービスの対象範囲が広範囲で、既存の事業室に統合することが難しいと考えられるので、事業室にすることも含めて、今後の活動のあり方を検討する。

Last Update : 2017.01.27 11:50 - (JST)
このページの先頭へ