このページの先頭です

目的からサービスを探すメニューへ

home » 情報統括本部について » 組織 » 事業内容・ミッション・事業計画 » 平成29年度 » ネットワーク事業室

組織

ネットワーク事業室

事業室のミッション

学内ネットワーク(基幹ネットワーク:KITE・全学無線LAN)の運用管理・維持・調達を行う。ネットワークに関する障害対応、利用者に対する教育・広報活動や情報セキュ リティ対策を行う。学外研究・教育用ネットワーク(SINET、総務省その他研究ネットワ ーク)との連携を深め、相互接続の調整ならびに、ネットワークを利用する研究者の研究等支援を行う。その他、諸ネットワーク関連業務ならびにその支援を行う。部局 等向けのメールサーバやウェブサーバのホスティングサービスを行う。情報統括本部が業務に用いるネットワーク、サーバの管理、運用を行う。

平成29年度事業計画

(1)基幹ネットワークサービス

サービス内容
学内基幹ネットワークの維持・管理などを行う。利用者の申請に応じて支線やVLAN設定の変更を行う。
対象
全学
将来ビジョンと29年度の計画
  1. 伊都キャンパスへの第3ステージ(理学系、文系、農学系、その他)の移転の対応を行う。
  2. 平成28年に新設される建物のネットワーク整備を行う。
  3. キャンパスネットワークの100Gbps対応の準備を行う。
  4. その他、各キャンパスネットワークの整備を行う。

(2)遠隔地間ネットワーク接続サービス

サービス内容
本学の基幹LANとサテライトオフィス等の遠隔地間でネットワーク接続を提供する。
対象
全学
将来ビジョンと29年度の計画
遠隔地へのネットワーク接続支援を行う。

(3)無線LANサービス

サービス内容
九州大学の全キャンパスをエリアにした、無線LANサービスを提供する。無線LANサービスは学内での学外者利用にも提供する。
対象
全学・来学者
将来ビジョンと29年度の計画
  1. 利用者へWeb等を用いたタイムリーな情報提供を行う。
  2. 無線LAN基地局の増設、増速やその支援を行う。

(4)公衆アクセスサービス

サービス内容
商用ネットワークと学内認証サービスを利用して学外から九大内のキャンパスネットワークに安全にアクセスするサービスを提供する。
対象
全学
将来ビジョンと29年度の計画
WiMAXを利用した公衆アクセスサービスの支援を行う。

(5)ネットワーク統計情報収集、障害対応、技術支援および教育・広報サービス

サービス内容
学内ネットワークの統計情報を収集する。障害を検知し、その復旧に努める。また、ネットワークに関して、電話、メール、口頭などで、利用者の相談、問い合わせに対応する。ユーザーや支線LAN管理者等を対象に、講習会・説明会を開催しキャンパスネットワークの情報を全学に提供する。
対象
全学
将来ビジョンと29年度の計画
  1. 各キャンパスの計画停電への対応を行う。
  2. 利用者へWeb等を用いたタイムリーな情報提供を行う。
  3. サイバーセキュリティに関する全学的なセミナーを実施する。

(6)情報インシデント対策サービス

サービス内容
九州大学における情報セキュリティや著作権侵害などのインシデントの防止、監視を行い、インシデント発生時にはセキュリティ対策室と連携して対応に努める。
対象
全学
将来ビジョンと29年度の計画
  1. ウイルスメールチェック及びスパムメール対策サービスを行う。
  2. IDSによるキャンパスネットワークの安定した監視を行う。
  3. 全学ファイアウォールシステムの運用・管理を行う。

平成29年度事業計画

(7)ネットワーク利用研究支援サービス

サービス内容
SINET,その他研究ネットワーク利用の申請に基づく学内外への研究等の支援、および、キャンパスネットワークの先進性などを学内外に積極的に情報提供する。情報ネットワーク協議会の企画支援を行う。
対象
教職員・学生・その他利用者
将来ビジョンと29年度の計画
  1. 利用者へWeb等を用いたタイムリーな情報提供を行う。
  2. 九州大学内での先端的ネットワークを用いた研究等の支援を行う。
  3. 国内外の教育・研究ネットワークコミュニティへの連携を強化する活動を行う。

(8)サーバホスティングサービス

サービス内容
部局等向けのウェブサーバやメールサーバ及びDNSサーバ機能をサービスする。最新のCMSソフトに対応したホスティングサーバをクラウド上に構築する。
対象
部局
将来ビジョンと29年度の計画
説明会を開催し、さらなる利用部局等を拡大する。

(9)情報統括本部用ネットワーク、サーバサービス

サービス内容
情報統括本部が業務を円滑に行えるよう、ネットワーク、サーバの管理・運用を行う。
対象
情報基盤研究開発センター・情報システム部
将来ビジョンと29年度の計画
業務に必要なネットワーク、サーバの整備を行う。

備考

九大 CSIRT 及び情報セキュリティ基本計画対応タスクフォースの支援を行うとと もに,その対策を実施する。
① IP アドレス管理台帳を作成するとともに,NAT 管理手順を策定し、NAT 配下にお ける個人デバイスを特定できる仕組みについて構築する。
② ネットワークに機器を接続する際の遵守事項により,適正な機器がネットワー クに接続されるようにする。
③ ネットワークに接続する機器のオペレーティングシステムやアプリケーション ソフトウェア等のバージョン管理及び適正なパスワード管理を徹底する。
Last Update : 2017.01.30 14:02 - (JST)
このページの先頭へ