このページの先頭です

目的からサービスを探すメニューへ

home » 情報統括本部について » 組織 » 事業内容・ミッション・事業計画 » 平成29年度 » 認証基盤事業室

組織

認証基盤事業室

事業室のミッション

九州大学の全学的情報サービスにおける利便性・信用性・安全性を向上するために,大学の構成員情報の管理,全学共通IDの発行,電子認証機能の提供を行う。それにより,各種サービスの充実化を支援し,九州大学の活動の活性化に寄与する。

事業計画等

(1)構成員データ管理、アカウント管理

サービス内容
九州大学の全構成員を把握し、ID・パスワードを発行、情報サービスのアカウント管理を行う。
人事給与統合システムと連動して、職員への全学共通ID(SSO-KID)発行とアカウント登録を行う。
学務部データに応じて、学生番号を持つ人へ学生用アカウントを登録する。
職員にはマトリックスパスワードを発行する。利用者サポート窓口を置き、全学共通IDに関する対応を行う。
対 象
全構成員(職員,学生,九州大学の活動への公的参加者)
将来ビジョンと平成29年度の計画
平成25年度に更新した「全学共通ID管理システム」の安定運用を行う。

(2)学内情報サービスへの認証機能提供サービス

サービス内容
全学共通IDとパスワード、マトリックスパスワード(職員のみ)による利用者認証の機能を、学内情報サービスの運用責任者・システム管理者へ提供する。シボレス(Shibboleth)によるシングルサインオン機能も提供する。
対 象
九州大学で公的な情報サービスを提供する運用責任者・システム管理者
将来ビジョンと平成29年度の計画
1.Shibboleth認証の利用を促進し、セキュリティレベルを向上させる。
2.各サービスと認証基盤との関係において、システム保守等で障害を起こさない対策を実施する。

(3)UPKI電子証明書発行サービスの申請受付

サービス内容
国立情報学研究所のUPKI電子証明書発行サービス(平成27年1月から開始)に協力し、学内の情報サービス提供者からのサーバ証明書およびクライアント証明書の申請受付を行う。その際、申請者およびサーバの実在性確認を行う。
対 象
九州大学で公的な情報サービスを提供する運用責任者・システム管理者
将来ビジョンと平成29年度の計画
UPKI電子証明書発行サービス(サーバ証明書、クライアント証明書)に係る案内と申請受付を行う。
Last Update : 2018.02.13 10:57 - (JST)
このページの先頭へ