このページの先頭です

目的からサービスを探すメニューへ

home » 情報統括本部について » 組織 » 事業内容・ミッション・事業計画 » 平成29年度 » 教育支援事業室

組織

教育支援事業室

事業室のミッション

本事業は、情報通信技術(ICT)を利用した教育の実施のために、教育支援事業の企画運営、教育用ICT環境の整備と運用、ならびに教育用ICT環境を利用した教育を支援するものである。
具体的には、以下の教育情報システムの管理・運用と利用支援、Web学習システム等の教育学習環境の提供、情報発信のシステムの管理・運用,および遠隔講義・会議システムの管理・運用を行う。

(1)教育情報システム

  1. 教育用サーバ(プログラミング学習用 Linux サーバ,Web サーバ)
  2. Web 学習システム(Moodle),Mahara,BookLooper,Handbook Studio システム,Echo360 システム
  3. 英語学習システム(NetAcademy2)

(2)遠隔講義・会議システム

  1. qClass

(3)A0判プリンタ

平成29年度事業計画

(1) 教育用 ICT 環境の整備・運用(1-(1)の①)

サービス内容
学生個人保有PCを活用した情報教育のための環境を提供する。
対象
学部学生・大学院学生・授業担当教員
将来ビジョンと29年度の計画
引き続き、教育用サーバの運用を継続する。並行して、次期システムへの更新を進める。

(2)教育用ICT環境の利用支援

サービス内容
(1)新入生向け支援
学府向けオリエンテーション支援
(2)各部局のFD支援
ICTを利用した教育の立ち上げ支援
ICTを利用した教育のための技術者養成支援
対象
学部学生・大学院学生・授業担当教員
将来ビジョンと29年度の計画
引き続き、教育用ICT環境の利用支援を継続する。

(3)Web 学習システム等の教育支援システムの管理・運用(1-(1)の②)

サービス内容
Web学習システムやHandbookStudioの保守管理と利用者・コース登録
対象
学部学生・大学院学生・職員
将来ビジョンと29年度の計画
MoodleとMahara用のサーバをクラウド上に移して運用を開始する。LAC (Learning Analytic Center)と連携して、学習履歴の収集・分析に協力する。また学部での利用促進を検討する。

(4)語学学習システムの運用管理(1-(1)の③)

サービス内容
英語を中心とする語学学習システムの管理を行い、語学学習を支援する。
対象
学部学生・大学院学生・職員
将来ビジョンと29年度の計画
引き続き、英語を中心として語学学習にICTを活用できる環境の提供を継続する。

(5)遠隔講義システムの管理・運用・利用支援(1-(2)の①)

サービス内容
遠隔講義システム「qClass」および多地点接続装置(MCU)の管理・運用を行い、キャンパス間や学外の拠点を接続し、遠隔講義・会議を実現する環境を提供する。
対象
学部学生・大学院学生・職員
将来ビジョンと29年度の計画
引き続き、qClassおよびMCUの運用を継続するとともに、利用説明会などを通じて利用を促進し、遠隔講義・会議の開催を支援する。特に、qClassについては従来の授業・講義用途に加え、会議用途で設置した地点もあるため、従来の運用に情報統括本部運営会議(平成28年度第6回)に加え、キャンパス間や学外との会議の支援方法について、利用者や部局との連携に配慮しながら遠隔会議支援を行う。

(6)A0判プリンタの運用(1-(3))

サービス内容
学内向けに大判のA0判プリンタの運用を行う。
対象
職員
将来ビジョンと29年度の計画
引き続き、A0判プリンタの運用を継続する。
Last Update : 2017.01.30 14:30 - (JST)
このページの先頭へ